ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》、第12番《葬送》、第14番《月光》

ソナタ第 ベートーヴェン

Add: rokyrot83 - Date: 2020-11-22 10:46:43 - Views: 6734 - Clicks: 5574

See full list on vivaclassicalmusic. ソナタ第16番 ト長調 op. 【曲目】 ベートーヴェン: disc1 1. フランソワ(pf) LABEL:仏COLUMBIA RECORDNO:SAXF 985 MS:S. *第三楽章の出だしがピ アノ・コンチェルトの三番の第二楽章を思わせますが、Op. 13『悲愴』 3. ベートーヴェン生誕250年の今年。ピアニスト ヴィルヘルム・ケンプの演奏で、ベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ第8番≪悲愴≫」を聴いた感想をお伝えします。.

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》、第12番《葬送》、第14番《月光》 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番≪悲愴≫ 第14番≪月光≫・第23番≪熱情≫ - エミール・ギレリス - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. Rondo, Allegro 2/2拍子 ハ短調 ロンド形式。譜例8のロンド主題は譜例3から導かれているが、第1楽章とは異なって劇的な表現を抑えて洗練された簡素さを感じさせる。 譜例8 推移部を挟んでドルチェの主題が変ホ長調で奏される。 譜例9 3連符主体の経過が穏やかなエピソードを中間に置いて繰り返され、フォルテッシモの下降音階の最低音にフェルマータを付して区切りをつけ、譜例8の再現へと移っていく。次に出されるのは優美な変イ長調の主題である(譜例10)。対位法的な手法を駆使して左右の手に現れた旋律が声部を交代しながら繰り返されていく。 譜例10 対旋律がスタッカートの音型に取って代わられて忙しない経過楽句に接続されると、再び下降音階で区切られてロンド主題の再現へと進められる。主題を低声部に移すなど変化を持たせながら、譜例9もハ長調で続けて再現される。3連符のエピソードもこれに追随し、再度現れた譜例8からコーダに至る。終わり付近で譜例8が回想されつつ静まっていくが、最後は突如フォルテッシモに転じて強力に全曲を結ぶ。作曲者自身はこの楽章を「ユーモラス」に弾いたと伝えられる。. ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第14番《月光》・第8番《悲愴》・第23番《熱情》 MQA/UHQCD ヴィルヘルム・バックハウス Wilhelm Backhaus. ベートーヴェンのピアノソナタ第8番には「大ソナタ悲愴(Grande Sonate pathétique)」という標題が付けられています。 悲愴とは「悲しく痛ましいこと。また、そのさま。」と辞書では出てきます。 悲愴を作曲していた頃は、ベートーヴェンが耳の異変を感じ始めた時期でもありました。 「ベートーヴェンの難聴」と「悲愴」の関連はわかっていませんが、少なからず関係していたのかもしれません。 ベートーヴェン自身が標題を付けた作品は少なく、合計32曲あるピアノソナタにおいては第8番以外には第26番「告別」があるのみです。 三大ピアノソナタの「月光」も「熱情」もベートーヴェンが付けたものではありません。 ちなみに音楽に標題を付けることは、ロマン派の時代に入ると盛んにおこなわれるようになります。 古典派の時代に標題を付けたこの作品は、その点においても革新的作品であると言えるかもしれません。. 27-2「月光」 ベートーヴェンのピアノ・ソナタは、一曲一曲に異なるコンセプトがあります。 生涯を通して、これほどまでに異なるコンセプトで書き続けた彼のあくなき探究心と その道のりから提示されるものは、あまりにも深淵. ピアノ・ソナタ ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》、第12番《葬送》、第14番《月光》 第8番「悲愴」 Op. · 映画「不滅の恋」の中でベートーヴェン自身がすでにほとんど 聴こえなかった耳をピアノに押しあて、静かに奏でるシーンが 印象的だったこの曲は「月光」「熱情」と共に彼の“3大ピアノソナタ”とも呼ばれる初期の傑作です。 第2楽章の主題は後に「第9」の第3楽章にほぼ同じイメージで. ベートーヴェン Ludwig van Beethovenピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13 《悲愴》 ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27の2 《月光》 ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 作品31の2 《テンペスト》.

ソナタ第30番 ホ長調 op. mihimaru GT「Love Letter」- メロディーを一部サンプリングしている(第2楽章) 14. 13 - ベートーヴェン - 「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。. SMAP 「Theme of 008 (piano sonata no. 27-2『月光』 2. KOHTA「RESONATE 1794」(第1楽章) beatmaniaIIDX 4. ビリー・ジョエル「THIS NIGHT」(第2楽章) 5. 8 "Pathetique" c-moll Op.

. Adagio cantabile 2/4拍子 変イ長調 ロンド形式。ベートーヴェンの書いた最も有名な楽章のひとつである。ヴィリバルト・ナーゲルはベートーヴェン全作品中でも指折りの音楽と評価しており、マイケル・スタインバーグはこの楽章のために「ハープシコードの所有者は最寄りのピアノ屋に駆け込んだに違いない」と述べた。美しく、物憂い主題が静かに奏で始められる(譜例5)。 譜例5 声部を増やして譜例5が1オクターヴ高く繰り返されると、譜例6のエピソードがヘ短調で奏される。 譜例6 続く譜例5ハ短調の再現が終わると中間部となる。3連符の伴奏の上に変イ短調の主題が導かれる(譜例7)。 譜例7 譜例7は大きく盛り上がるとホ長調へ転調して繰り返される。第3の部分は譜例5の再現であるが、譜例7とともに新たに提示された3連符がそのまま持ち越される。3連符を用いた小規模なコーダが置かれ、静かに楽章の幕が下ろされる。. 森田浩司「愛のX」(第2楽章) 6. ピアノ・ソナタ第23番へ短調 op. ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2《月光》. 管理人おすすめの名盤はこちら! ベートーヴェン 1. Joseph McManners In Dreams 09-Music of the Angles (第2楽章) 15. ルイーズ・タッカー (Louise Tucker) - Midnight Blue (en)(第2楽章) 使用例 1.

渡辺直美 「見えないスタート」(年の競艇テーマソング)(第2楽章) 19. 13「悲愴」 ソナタ第 9番 ホ長調 op. 第3楽章 Rondo; Allegro. See full list on wpedia. ソナタ第23番へ短調 op.

57『熱情』 シューベルト: 4. ピアノ・ソナタ 第12番 変イ長調 作品26≪葬送≫ 第4楽章:Allegro : 試聴: 8: ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13≪悲愴≫ 第1楽章:Grave-Allegro di molto e con brio : 試聴: 9: ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13≪悲愴≫ 第2楽章:Adagio cantabile : 試聴: 10. 47-2(1782年-1783年)の第1楽章にも見られる。 譜例1 急速な半音階の下降で序奏部を終えると主部が開始され、第1主題がトレモロの伴奏に乗って現れる(譜例2)。 譜例2 譜例2が発展して緊張の高まりを迎え、落ち着きを取り戻すと次なる主題が変ホ短調に提示される(譜例3)。 譜例3 さらに管弦楽的な広がりを持った変ホ長調の主題が続く(譜例4)。同主音の短調長調による対照的な譜例3と譜例4はいずれもソナタの第2主題となり得る性格を有しており、こうした構成に関しては第3番のソナタの第1楽章で行われた主題配置が先例となっている。譜例2によるコデッタが提示部を結び反復記号が置かれるが、この反復を受けて曲の冒頭に戻るか、主部の開始点に戻るかは奏者によって意見のわかれるところである。 譜例4 提示部の反復が終わるとト短調で譜例1が再現されて展開部となる。展開部は第.

ピアノ・ソナタ第8番ハ短調 op. シジマサウンズ「一番好きなあなたへ」(第2楽章) 13. ベートーヴェンの曲のタイトルって、どうしてこんなに、眉間にシワ寄せたような雰囲気のものが多いんでしょ。 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調「悲愴」 ピアノ:アルトゥーロ・ルービンシュタイン. Grave 4/4拍子 - Allegro di molto e con brio2/2拍子 ハ短調 ソナタ形式。譜例1に示されるグラーヴェの序奏が置かれ、展開部とコーダでも姿を見せる。同様の手法は選帝侯ソナタ第2番 WoO.

78「テレーゼ」 ソナタ第14. WXIII 機動警察パトレイバー(作品のクライマック. ベートーヴェン100 premium【MQA-CD】【UHQCD】【グリーン・カラー・レーベルコート】【生産限定盤】【ベートーヴェン生誕250周年】第3楽章に葬送行進曲を採り入れたため《葬送》と呼ばれる第12番は、ショパンが好み、同じく葬送行進曲を持つピアノ・ソナタ第2番に影響を与えたと考えられている. 27-2 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》、第12番《葬送》、第14番《月光》-エッシェンバッハ(クリストフ) - CDの購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!. ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27-2はドイツの作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1801年に作曲したピアノソナタです。 作品番号が27-2となっているのは、この作品が1802年に出版された際にピアノ・ソナタ第13番と対の作品として発表されたためで、ピアノ・ソナタ第13番が作品27-1、第14番が作品27-2となっています。 この2つの作品にはベートーヴェン自身が「幻想曲風ソナタ」(Sonata quasi una Fantasia)と言うタイトルを付けていますが、この第14番は「月光」もしくは「月光ソナタ」の愛称で広く親しまれています。 「月光」の愛称が広まった経緯としては諸説あり、はっきりとはわかりませんが、一般的にはドイツの詩人で音楽評論家のルートヴィヒ・レルシュタープ()がこの作品を評して「スイスのルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」と例えたことに由来していると言われています。 ベートーヴェンが没した1827年にレルシュタープは28歳を迎えたこと、1840年前後の出版物には既に「月光」のタイトルが見られることなどから、この愛称が世に広まっていくのはベートーヴェンの没後しばらくしてからのことと考えられます。 この作品が作曲された1801年、31歳のベートーヴェンは伯爵令嬢ジュリエッタ・グイチャルディのピアノの教師を引き受けることになります。 ベートーヴェンはほどなくこの12歳年下の女性に恋愛感情を抱いたようで、この作品はジュリエッタ・グイチャルディに献呈されています。 年齢も身分も違うこの2人の恋愛は成就することはありませんでしたが、持病の難聴の悪化に苦しむベートーヴェンにしばしの心の安穏をもたらし、生活にも変化を与えたであろうことは遺された書簡から伺えます。 この作品を書き上げた翌年の1802年、耳が聴こえないことの苦しみ、悲しみ、そしてその為に人々から遠ざかって行ってしまう孤独感、周囲の人たちの誤解と偏見、それらすべてのことからくる絶望感に苦しむベートーヴェンはハイリゲンシュタットの遺書として有名な手紙を甥のカールと弟ヨハンに宛てて遺すことになります。.

元々はヴァイオリンとピアノのデュオのために構想が練られていましたが、ソナタの最終楽章となりました。 分散和音の伴奏の上に、美しい主題が提示されるのが印象的です。 ロンドソナタ形式になっており、ロンド主題は第1楽章第2主題が元になっています。 第1楽章・第2楽章からの引用もあり、まさに最終楽章にふさわしい音楽です。. ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27の2 「月光」 3. ルービンシュタインの名演でベートーヴェンの三大ピアノソナタを堪能してはいかがでしょうか。.

正確な作曲年は同定されていないものの1798年から1799年にかけて書かれたものと考えられており、スケッチ帳には作品9の弦楽三重奏曲と並ぶ形で着想が書き留められている。楽譜は1799年にウィーンのエーダーから出版され、早くからベートーヴェンのパトロンであったカール・アロイス・フォン・リヒノフスキー侯爵へと献呈された。本作は作曲者のピアノソナタの中で初めて高く、永続的な人気を勝ち得た作品である。楽譜の売れ行きもよく、気鋭のピアニストとしてだけでなく作曲家としてのベートーヴェンの名声を高める重要な成功作となる。 『悲愴』という標題は初版譜の表紙に既に掲げられており、これがベートーヴェン自身の発案であったのか否かは定かではないものの、作曲者本人の了解の下に付されたものであろうと考えることができる。ベートーヴェンが自作に標題を与えることは珍しく、ピアノソナタの中では他に第26番『告別』があるのみとなっている。『悲愴』が意味するところに関する作曲者自身による解説は知られていない。標題についてパウル・ベッカーはそれまでの作品では垣間見られたに過ぎなかったベートーヴェンらしい性質が結晶化されたのであると解説を行っており、ヴィルヤム・ビーアントは「(標題は)気高い情熱の表出という美的な概念の内に解されるべきである」と説いている。 ミュージカル・タイムズ誌に1924年に掲載された論説は、本作の主題にはベートーヴェンも称賛を惜しまなかったルイジ・ケルビーニが1797年に発表したオペラ『メデア』の主題と、非常に似通った部分があるとしている。他にも、同じくハ短調で本作と同様の楽章構成を持つヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのピアノソナタ第14番の影響も取り沙汰される。とりわけ、第2楽章アダージョ・カンタービレの主題はモーツァルトの作品の第2楽章に見られるものと著しく類似している。また、未完に終わった交響曲第10番の冒頭主題が同主題に類似したものだったという研究成果が発表されている注 1。グスタフ・ノッテボームは本作の終楽章が構想段階ではヴァイオリンとピアノのための楽曲であった可能性を指摘している。 このピアノソナタはベートーヴェンの「ロメオとジュリエット」期の心境、すなわち「青春の哀傷感」を写し取ったものと表現される。描かれているのは後年の作品に現れる深遠な悲劇性とは異なる. 即興曲 変イ長調 D. 13 ハ短調/Sonate für Klavier Nr. ピアノソナタ第12番 変イ長調 作品26は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。 第3楽章に葬送行進曲を配しているため『葬送』と通称される。. ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。. cd ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」、第14番「月光」、第23番「熱情」 スティーブン・コヴァセヴィッチ(p) 現在 100円 本日終了.

· 例えば1798年から翌年にかけて作曲の第8番「悲愴」では、 第1楽章のソナタ形式に序奏がつき、この楽想がその後にも応用されています。 また、1801年に作曲された第14番「月光」では、 第1楽章がアダージョで、第3楽章に初めてソナタ形式が置かれています。. 第1番に対して第2番、第5番に対して第6番、第8番「悲愴」に対して第9番、といったように。 今回の第15番が、第14番「月光」という短調のソナタに続く曲として、田園を思わせる穏やかな曲になっているのも、あまり新しいこととは言えなさそうである。 ソナタ第14番 嬰ハ短調 op. ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13『大ソナタ悲愴』("Grande Sonate pathétique")は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。作曲者の創作の初期を代表する傑作として知られる。. 上原ひろみ 「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番《悲愴》第2楽章」 - 『ヴォイス』に収録 17. 27 として月光と組で書かれています。 四楽章構成で幻想曲風ソナタとされ、12番の「葬送」との類似を指摘されることもあるながら、月光ともども、本来は 月とは関係が. 第1楽章 Adagio sostenuto 第1楽章を通じて奏される三連符の調べが心に深く刻み込まれるようでとても印象的です。 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》、第12番《葬送》、第14番《月光》 ベートーヴェンが楽譜に「可能な限り繊細に」と指示した通り、静かにそして刻々と変化していく和音がとても詩的で厳かな雰囲気を醸し出しています。 三連符に乗って現れる付点のリズムが印象的な旋律は静かな語り口調で決して雄弁ではありませんが、心に残ります。 それまでピアノ・ソナタの第1楽章はテンポの速い楽章を据えるのが一般的でしたが、ベートーヴェンはこの作品ではより自由なアイデアで緩徐楽章を第1楽章に据えています。 自ら「幻想曲風ソナタ」とタイトルを付けている所以でもあるかと思います。 きわめて個人的な感想ですが、この第1楽章を聴くとバッハの作品をシロティが編曲した「前奏曲 第10番 ロ短調」を思い起こします。 第2楽章 Allegretto 静かで深く内省的な第1楽章と激情をも感じさせる第3楽章に挟まれた第2楽章は穏やかで愛らしい雰囲気に包まれた心休まる楽章です。 この作品を献呈したジュリエッタ・グイチャルディへの恋愛感情からベートーヴェンに訪れた束の間の心の安穏が見て取れるかのような曲想です。 第3楽章 Presto agitato 急速なテンポで分散和音を駆け上がり、その頂点で激しい和音を響かせます。 第1楽章と対照的な激情がほとばしる楽章になっています。 冒頭に現れた激情はドラマティックな高揚と変化を見せながら終曲します。.

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(第60話 「勝利を許されし者 志々雄対剣心 終幕!」で第2楽章がBGMとして使用されている) 3. 26 変イ長調/Sonate für Klavier Nr. ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第8番≪悲愴≫」|ヴィルヘルム・ケンプ(ピアノ) ベートーヴェン生誕250年の今年。ピアニスト ヴィルヘルム・ケンプの演奏で、ベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ第8番≪悲愴≫」を聴いた感想をお伝えします。. 平原綾香&藤澤ノリマサ「Sailing my life」(第2楽章) 11. . 上田知華+KARYOBIN 「BGM」(第3楽章) 10. ピアノソナタ第8番「悲愴」第1楽章 作曲:ベートーヴェン ベートーヴェンの「悲愴」はピアノを弾く人ならだいたいご存知だと思います。第2楽章なんかは普段からいろんなとこで耳にします。.

のだめカンタービレ(Lesson 1およびLesson67で、のだめが演奏している) 2. ルービンシュタインの名演でベートーヴェンの三大ピアノソナタを堪能してはいかがでしょうか。 ルービンシュタインと言えばショパンを思い出す方もいるとは思いますが、ベートーヴェンも名演が揃っています。 定番の1枚としても知られており、クラシックの初心者の方にもオススメの1枚です。 温かくてスケール感の大きな音楽にきっと魅了されることだと思います。 アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 – 1982年12月20日) ポーランド出身で、20世紀を代表するピアニストとして知られている。 母国ポーランドの作曲家ショパンをはじめ、シューマン、ベートーヴェン、ブラームスやブラジル音楽など、多くのレパートリーを誇った。 1899年:ポツダムでデビュー 1990年:ヨアヒムの指揮でベルリン・デビュー 1937年:ナチスの迫害を逃れて米国に移住 1946年:アメリカに帰化. 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》、第12番《葬送. ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番《悲愴》・第14番《月光》・第23番《熱情》 ユンディ・リ.

90-4 ウラディミール・ホロヴィッツ(ピアノ). All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. Graveの序奏が特徴的で、展開部と終結部にもこれは登場します。 「悲愴」というタイトルは、この第1楽章を聴くとしっくりとくるのではないでしょうか。. 第2楽章 Adagio cantabile. ピアノソナタは第1楽章が人気が高いことが多いですが、「悲愴」においてはこの第2楽章の人気もとても高いです。 あの有名な「第九」の第3楽章の主題は、この「悲愴」の第2楽章を彷彿させます。 第1楽章とは打って変わって叙情的な音楽に心が揺らされます。.

即興曲 変ホ長調 D. ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》、第12番《葬送》、第14番《月光》 クリストフ・エッシェンバッハ christoph eschenbach. ルネッサンス「Island」- 1stアルバムの中の3曲目に収録 (第1楽章及び第3楽章) 12. この記事は、ウィキペディアのピアノソナタ第8番 (ベートーヴェン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。. 57「熱情」 第2回 〈月光~ベートーヴェンの恋〉 ベートーヴェン: ソナタ第 8番 ハ短調 op. 13「悲愴」 ベートーヴェンのソナタでもっとも人気の高い曲。その理由は、ベートーヴェンが得意としたハ短調作品ならではの表現力がより強力に、そして洗練されたスタイルで書かれているからだろう。.

ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13 「悲愴」 2. サンハーフ」主題歌 作詞:松宮恭子 編曲:岸村正実 歌:坂井紀雄(第3楽章) 16. ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 作品13《悲愴》 2. ソナタ第24番 嬰ヘ長調 op. 「月光」はベートーヴェンが31歳の時に作曲され、14歳年下の恋人だった伯爵令嬢ジュリエッタ・グイチャルディに捧げられました。 またベートーヴェンはジュリエッタにピアノも教えており、師弟関係でもありました。 ジュリエッタは身分が高く、ベートーヴェンは身分の壁に苦悩したと言われています。 二人の仲は、周りも公認の仲だったそうです。 可哀想なことにベートーヴェンが「月光」をジュリエッタに贈った後に、ジュリエッタは貴族と結婚してしまいます。 ただ身分の違いから二人の未来は明るくないことは、ベートーヴェンは初めから予期していたそうです。 ベートーヴェンのこのような恋愛感情を知識に入れておいて曲を聴いてみると、また違った印象を感じられるかもしれません。. ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調 op. 26のソナタから新たな一歩を踏み出す。それは、主要ソナタ形式楽章を意図的に避け、変奏曲やキャラクターピースによってソナタ全体を構成することではじめられる.

【ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200 vol. cd-1 ピアノ・ソナタ 第1番・第2番・第3番 cd-2 ピアノ・ソナタ 第5番・第6番・第7番・第8番「悲愴」 cd-3 ピアノ・ソナタ 第4番・第9番・第10番・第12番 cd-4 ピアノ・ソナタ 第11番・第13番・第14番「月光」・第15番「田園」 cd-5 ピアノ・ソナタ 第16番・第17. ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 作品57 「熱情」 ピアノ:エミール・ギレリス 録音:1980年9月(1, 2)、1973年6月(3) ベルリン エミール・ギレリスは旧ソ連で生まれた20世紀を代表するピアニストです。 老舗レーベル、ドイツ・グラモフォンで1972年からピアノ・ソナタ全集録音のプロジェクトが始まりましたが、32曲あるピアノ・ソナタの内、27曲を録音して1985年、惜しまれつつこの世を去り、残念ながら未完に終わりました。 今回ご紹介するアルバムではベートーヴェンの三大ピアノソナタとして知られる第8番「悲愴」、第23番「熱情」と共に晩年のギレリスの格調高い演奏を聴くことが出来ます。 骨太で男性的な表現が特徴的とされたギレリスですが、64歳を目前にして録音された第14番「月光」では落ち着いたテンポで抑制された第1楽章と駆け抜けるようなテンポで壮年期の骨太さと激情を感じさせる第3楽章のコントラストが印象的な1枚です。 youtube参考音源はこちら⇒【第1楽章】【第3楽章】 「Amazon Music Unlimited」なら様々なアーティストの「月光」を気軽に聴き比べできますよ! いかがでしたか?こちらの作品もぜひ聴いてみてください! お役に立ちましたらクリックをお願いします。 にほんブログ村 音楽(クラシック)ランキング html 「ピアノソナタ第14番 (ベートーヴェン)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』年2月25日 (火) 01:26 org/wiki/ピアノソナタ第14番_(ベートーヴェン) 「ベートーヴェン :ピアノ・ソナタ 第14番 「月光」 Op. ピアノ・ソナタ第8番『悲愴』、第14番『月光』、第23番『熱情』 アシュケナージ - ベートーヴェン()のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 26 - ベートーヴェン - ベートーヴェンはこのOp.

鈴木愛 「そっと。」(第2楽章) GuiterFreaks&DrumMania 3.

/653-bfbb09e542 /10606358 /25059/756 /2e03000439d70

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》、第12番《葬送》、第14番《月光》

email: befij@gmail.com - phone:(857) 348-4079 x 4166

Puccini: Turandot - excerpts - 真空パック

-> Landscapes
-> いつか悲しみの向こうに

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》、第12番《葬送》、第14番《月光》 - Allright 中古ランク


Sitemap 1

どうする? - ドビュッシー ラヴェル ダフニスと